在広島韓国総領事館と広島市立大広島平和研究所が19日、広島市内で日韓関係をテーマに討論会を開催し、韓国の姜昌一駐日大使が基調講演した。姜氏は岸田文雄首相について「日韓関係に深い理解がある」と評価。「韓国にも岸田政権下での関係正常化に強い期待がある」と述べた。

 姜氏は「輸出規制や歴史問題で(日韓関係は)最悪の時代と言われるが、文化交流などの分野では緊密につながっている」と指摘。両国は運命共同体だとして「韓半島(朝鮮半島)の非核化を目指して手を取り合っていくべきだ。北朝鮮が核武装してしまうと、韓国も日本も同じ脅威にさらされる」と連携を訴えた。