岸田文雄首相と閣僚の計21人が19日、10月の第1次内閣発足時の保有資産を公開した。家族分を含めた総資産の平均は9440万円で、昨年9月の菅内閣発足時の1億651万円を下回った。最多は野田聖子地方創生担当相の2億8553万円。首相は2億868万円で4位だった。7人が1億円を超え、うち4人が2億円超となった。本人の資産に限ると平均は6417万円だった。

 首相は東京都渋谷区、静岡県伊東市、広島市に所有する土地や建物が計1億7595万円に上った。定期預金は1千万円。株式やゴルフ会員権は持っていない。妻裕子さんは、広島県三次市の不動産2273万円などを申告した。