スーパーコンピューター「富岳」を使い、コロナ感染症対策としてせきや会話での飛沫の広がり方のシミュレーションをしている理化学研究所と神戸大の研究チームが19日、スパコン分野で権威がある米国のゴードン・ベル賞の特別賞を受賞したと発表した。

 理研の坪倉誠チームリーダーは「(スパコンが)飛沫という世の中に身近なもので社会に貢献できることを示した」と喜びを語った。研究チームは飲食店や電車内、コンサートホールなどさまざまな場所での飛沫の広がり方を分析し、感染リスクを下げる方法を提言していた。

 富岳は今月、計算速度など性能ランキング4部門で4期連続世界一となっていた。