JR東日本盛岡支社は19日、蒸気機関車(SL)がけん引する観光列車「SL銀河」の運行を2023年春に終えると発表した。14年4月から釜石線花巻―釜石を走行、東日本大震災からの復興の象徴として親しまれてきたが、客車の老朽化で部品の調達が困難になった。

 1972年に廃車となったSL・C58形を、復興支援を掲げるJR東が約4億円かけて復元。客車内部は童話「銀河鉄道の夜」をテーマに、宮沢賢治が生きた大正・昭和の時代観を表現した。夜間の特別運行や光学式プラネタリウムを積んだ車両での天体観測が人気を集めた。

 同支社によると、約5万7千人が利用した。