東京都議選の期間中に無免許で当て逃げ事故を起こし、警視庁に書類送検された木下富美子都議(55)について、東京地検は19日、5月~7月にかけて7回無免許運転をしたとして道交法違反の罪で在宅起訴した。当て逃げ事故を起こしたとする自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑は起訴猶予、道交法違反(事故不申告)容疑は嫌疑不十分の不起訴とした。

 当て逃げ事故の起訴猶予について、地検は「事故態様を総合的に判断した」としている。公選法の規定上、木下被告は裁判で禁錮刑以上の実刑が確定した場合、都議を失職する。

 木下被告は都議選の板橋区選挙区に「都民ファーストの会」から出馬した。