米大リーグ、ア・リーグ最優秀選手(MVP)に選ばれたエンゼルスの大谷翔平の恩師、岩手・花巻東高の佐々木洋監督は19日、東京都内で取材に応じ「おめでとうじゃなくて、ありがとう。それだけ」と、教え子の快挙に感慨深げだった。

 教え続けたのは固定観念にとらわれず貪欲に高みを目指す姿勢。大谷は高校時代に自らメジャーで活躍する姿を思い描き「世界最高のプレーヤーになる」と紙に書いて提出してきたという。

 日本ハムを経て米球界入りし、誓った通りの目標を実現。「たまたまではなく、(そこを)目指して歩いて取った。われわれの見えない景色の中を歩いている」と教え子に賛辞を贈った。