立憲民主党の代表選が19日告示され、30日の投開票に向け選挙戦が始まった。逢坂誠二元首相補佐官(62)、小川淳也元総務政務官(50)、泉健太政調会長(47)、西村智奈美元厚生労働副大臣(54)が立候補を届け出た。30日の投開票に向け、4候補の論戦がスタートした。枝野幸男前代表が主導した共産党などとの野党共闘の在り方や、党再生に向けた具体的な方策が焦点だ。

 30日の臨時党大会で新代表を選出する。新代表の任期は2024年9月末までとなる。

 4候補は党再生に向け、決意表明。来夏の参院選改選1人区について、野党で共闘し、候補者の一本化を目指す方向でほぼ一致した。