水田や湿地などに幅広く生息するツチガエルが、水中でも鳴くことを九州大の鹿野雄一准教授(生態学)が発見した。鳴き袋を膨らませて陸上のみで鳴くと考えられていたが、水中では腹部の収縮だけで発声しているとみられる。学会誌(電子版)で発表した。

 ツチガエルはイボガエルとも呼ばれ、繁殖期に雄が雌を誘うために鳴く。鹿野准教授が6月、山形県の最上川水系で淡水魚の調査をしている際に、水中から鳴き声が聞こえるのに気付き、その様子を動画に収めた。

 鳴き声を解析した結果、水中では陸上に比べ「グゥ、グゥ」という発声の間隔が短く、音程も低かったという。