みずほフィナンシャルグループ(FG)傘下のみずほ銀行でシステム障害が相次いだことを受け、坂井辰史社長の辞任が不可避となったことが18日、分かった。金融庁は月内にも、両社に行政処分である業務改善命令を追加で出す方針を固めた。9月30日に外国為替取引の処理が遅れた際に外為法に違反した疑いがあり、財務省が是正措置を命じる検討に入ったことも判明。トップの辞任で経営責任を明確化する。

 金融庁の検査は大詰めを迎えており、近日中に結果をみずほに伝える。関係者によると、金融庁はシステム自体に重大な欠陥はなく、運用が未熟だった点を問題視している。