政府は18日、岸田文雄首相をトップとし、関係閣僚で構成する経済安全保障推進会議を創設すると決めた。初会合を19日に官邸で開く。小林鷹之経済安保担当相が首相と面会後、記者団に明らかにした。来年の通常国会に提出を目指す経済安保推進法案の策定に向け、作業を加速させる方針だ。

 経済安保は岸田内閣の主要課題の一つ。首相は小林氏に「しっかり進めていこう」と伝えた。

 政府は、重要な先端技術の開発に国が継続して資金支援する枠組みの新設をはじめとする法案の概要をまとめている。内閣官房に新たに専門部署を置き、有識者会議も設置する。