原子力規制委員会は18日、敷地内に活断層がある可能性が指摘されている北陸電力志賀原発(石川県)を現地調査した。北陸電が活断層ではないと主張する根拠とする敷地のボーリング調査結果について、石渡明委員は調査後の取材に「納得できない部分もあった。今後の審査会合の場で白黒つけたい」と述べた。

 調査は2号機再稼働の前提となる審査の一環。新規制基準は、13万~12万年前以降の活動が否定できない断層を活断層とし、真上に重要施設を設置することを禁じている。規制委の有識者調査団が2016年、1号機原子炉建屋直下にある「S―1断層」の活動性を指摘していた。