北海道美瑛町の観光名所「青い池」で、今月からライトアップが始まった。今シーズンは来年4月末まで。光と青い水面が神秘的な情景を生み、18日も訪れる人を魅了していた。

 町によると、ライトアップには昨シーズンのほぼ倍の数となる60個の照明を使っており、10分ごとに白や青などと色が変わっていく。池に雪が積もる時期にはさらにライトの色を変更し、演出の違いが楽しめるという。

 18日夜に神戸市からカップルで訪れた会社員徳田将之さん(26)は「昼にも来たが、ライトアップされた池もきれいですね」と笑顔で話していた。