【ソウル共同】米国で開かれた17日の日米韓外務次官協議後に予定された3者による共同記者会見が、竹島(韓国名・独島)を巡る日韓対立で中止となり、日韓関係の冷え込みが改めて浮き彫りになった。韓国外務省の崔泳杉報道官は18日の定例記者会見で「独島は明白な韓国固有の領土だ。日本の不当な主張に断固対応していく」と強調し、一歩も譲らない構えを見せた。

 日韓関係が元徴用工などの歴史問題で悪化する中、竹島の領有権問題が再燃し、関係改善がさらに遠のいた。

 松野博一官房長官は共同会見の見送りに関し、韓国の警察庁長官の竹島上陸を理由に挙げ「実施は不適当と判断した」と述べた。