東大は18日までに、昨年実施した学長選考のプロセスが「不透明だ」などと学内で批判された問題を受け、改善策を検討してきたワーキンググループが「学長経験者が選考会議の学外委員に就任できないようにする」との提案をまとめた最終報告をホームページに公表した。選考過程で小宮山宏元学長の発言が妥当性を欠いていたと指摘されていた。

 東大では昨年、現学長の藤井輝夫氏を選出する過程で、初期段階の投票でトップだった人物が最終候補に残らなかったことなどが不自然だと学内で疑問の声が上がり混乱した。