岸田文雄首相は18日、来年3月の核兵器禁止条約締約国会議へのオブザーバー参加に重ねて慎重な姿勢を示した。広島市の松井一実、長崎市の田上富久両市長から官邸で要請を受けたのに対し「米国との信頼関係を構築した後、同条約にどう向き合うか考える。手順が重要だ」と強調した。

 「核兵器のない世界」へ向けて核保有国で同盟国の米国と意思疎通した上で、非核保有国と橋渡し役を務めたいとの考えを示した発言。「順番を間違って日本独自にいきなり出ていっても、うまくいかない可能性がある」と説明した。

 田上氏は会談後、「核兵器のない世界については同じ目標を持っていると感じた」と語った。