夏季五輪で日本女子最多に並ぶ5大会連続出場を果たした重量挙げの三宅宏実が36歳の誕生日だった18日、都内で現役引退会見に臨み「21年間、大好きな競技を続けられたのはすごく幸せだった。無我夢中になれた」としみじみと語った。所属先のいちごで指導者となる。

 2012年ロンドン大会で銀、16年リオ大会で銅のメダルを獲得したが、東京大会は記録なしに終わり、引退表明。「今出せる自分の限界だと納得した」と言う。今後について「重たいものを持つことはできないが、思考と技術は磨き続けることができる。東京五輪での課題を次に持ち越してさらなるチャレンジをしていきたい」と述べた。