逮捕を報じた新聞記事で住所の番地まで全て表記したのはプライバシーの侵害だとして、静岡県の夫婦が静岡新聞社に計660万円の損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は18日、「違法なプライバシー侵害には当たらない」として適法と判断した。プライバシー侵害を認定し静岡新聞社に66万円の支払いを命じた一審静岡地裁判決を取り消し、夫婦側の逆転敗訴となった。

 二審判決によると、夫婦はブラジル国籍で2018年6月、覚醒剤取締法違反などの容疑で逮捕された。静岡新聞社は同7月、逮捕を報じた記事で番地を含む住所を掲載。その後、夫婦は嫌疑不十分で不起訴となった。