広島の大瀬良大地投手(30)が18日、今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留することを表明した。

 長崎日大高―九州共立大からドラフト1位で入団した2014年に10勝(8敗)を挙げて新人王に選ばれた。18年は15勝7敗で最多勝と勝率第1位のタイトルを獲得する活躍で、リーグ3連覇に貢献。昨秋の右肘手術を経て3年連続で開幕投手を務めた今季は23試合に登板し、自身5度目の2桁となる10勝5敗、防御率3・07。通算成績は205試合で67勝44敗2セーブ、防御率3・40。