7月の東京都議選の選挙運動期間中に無免許運転の人身事故を起こして2度の辞職勧告決議を受けた木下富美子都議が18日、議員活動継続への見解説明を求められていた都議会の議会運営委員会を欠席し、同委員会は24日に再び招致することを決めた。

 木下氏の欠席は体調の再悪化が理由。24日の委員会では18日に予定していた通り、木下氏に対して会派ごとに10分ずつの質疑を実施する。

 小宮安里委員長は委員会後、報道陣の取材に「都議会を運営する責任があり、決められた日程に対してはその意味を理解していただきたい」と述べ、改めて辞職を求める考えも示した。