気象庁は18日、熊本県の阿蘇山の噴火警戒レベルを3(入山規制)から2(火口周辺規制)に引き下げた。10月20日に中岳(1506メートル)の第1火口が噴火し、レベル3に引き上げたが、火山活動は低下しているという。

 気象庁によると、火口から1キロを超え、おおむね2キロの範囲に影響する噴火が発生する可能性は低くなったという。