立憲民主党の西村智奈美元厚生労働副大臣(54)は18日、枝野幸男前代表の後任を決める代表選に立候補すると表明した。国会内で記者団の取材に、推薦人20人の確保にめどが立ったと明らかにした。17日に決意表明した際は、推薦人が足りていないとしていた。代表選は19日告示される。

 代表選は既に泉健太政調会長(47)、逢坂誠二元首相補佐官(62)が立候補を表明しており、西村氏が3人目。このほか小川淳也元総務政務官(50)、大串博志役員室長(56)も出馬に向け調整を続けている。