東京五輪・パラリンピックのアルバイトから帰る途中、酒を飲んで電動キックボードを運転し、事故を起こしたとして、警視庁渋谷署は18日、道交法違反(酒気帯び運転など)の疑いで大阪市浪速区の飲食店アルバイトの男性(25)を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。

 容疑は8月26日未明、東京都渋谷区の都道で、酒気を帯びた状態で、携帯電話を操作しながら電動キックボードを運転し、信号待ちの救急車に追突した疑い。

 捜査関係者によると、けが人はいなかった。男性は競技会場で働いた後、現場近くで飲酒し、宿泊先に帰る途中だった。「タクシー代を浮かせたかった」と供述している。