カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)子会社の「Catalyst・Data・Partners(カタリスト・データ・パートナーズ)」は18日、今月末までに講談社やKADOKAWAなど出版4社から計10億円の出資を受けると発表した。大手参入で、業界の連携が強化される。

 カタリスト社によると、他に出資するのは集英社とポプラ社。カタリスト社は人工知能(AI)を活用するなどして出版界の構造的な問題解消に取り組んでいる。来春からは書籍購買データの分析、流通・販売データを一元化した新サービス「カンテラ」を提供する。