【ウィーン共同】イラン核合意の履行状況を検証する国際原子力機関(IAEA)は17日、6日時点のイランの濃縮ウラン推定貯蔵量が2489・7キロで、このうち60%濃縮ウランが17・7キロに達するとの報告書をまとめた。いずれも9月の報告書から増加している。濃縮度60%は核兵器級の90%に接近する重大な核合意違反。

 イランはIAEAの査察制限も継続。イラン核合意の再建に向けた米イラン間接協議が29日に再開される予定だが、欧米側が一層懸念を強めることになりそうだ。

 2015年の核合意はイランによる濃縮度の上限を3・67%と定めている。