フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」が18日午前0時に解禁された。新型コロナウイルス流行で飲食店向け販売が減る中、各社は自宅で飲む人向けの需要を喚起し、販売底上げを狙う。価格は2千円台が中心。今年は「糖と酸のバランスが良く、果実味のある味わいになっている」(ボジョレーワイン委員会)という。

 メルシャンによると、フランスから出荷されるボージョレの約半数が日本に輸入される。今年の総輸入量は前年比10%減の約258万リットルと推計しており、ピークだった2004年の3割程度にとどまる。