昨年2月、当時生後1カ月の長女の頭部を殴り死なせたとして、鹿児島県警は17日、傷害致死の疑いで、父で同県肝付町の会社員、中島夏輝容疑者(23)を逮捕した。容疑を認め「泣きやまなかったので手で殴った。ストレスがたまっていた」と供述している。

 逮捕容疑は昨年2月26日午後7時から同9時ごろまでの間、同県鹿屋市の自宅で、生後1カ月だった長女心絆ちゃんの頭部を殴打して脳出血などの傷害を負わせ、翌27日に搬送先の病院で脳障害により死なせた疑い。

 県警によると、26日午後9時ごろ、中島容疑者が119番。病院から県警に「虐待の疑いがある」と情報提供があった。