日体大は17日、東京五輪・パラリンピックに出場した在校生、卒業生を招いての報告会を横浜アリーナで行った。柔道で女子52キロ級の阿部詩と同日に五輪を制した男子66キロ級の阿部一二三(パーク24)は「金メダルを見せることができてうれしい。3年はすぐにたってしまう。きょうだいでの2連覇を目指してやっていきたい」とパリ五輪へ気持ちを新たにした。

 2人とも練習を再開し、来年の大会出場を予定。阿部詩は「コンディションが整っていれば来年の世界選手権を目指そうかなと思っている」と話した。