男子テニスでシングルスの今季年間世界ランキング1位を決めていた34歳のノバク・ジョコビッチ(セルビア)が開催中のツアー最終戦、日東電工ATPファイナル(トリノ)で15日に表彰を受けた。

 6度で並んでいたピート・サンプラス(米国)を抜き、単独で歴代最多7度目の栄冠。「素晴らしい気分。子どもの頃のヒーロー、サンプラスより多いトロフィーを掲げる幸運に恵まれた」と感慨深げに話した。

 11月上旬に6度目の頂点に立ったマスターズ・パリ大会で年間1位を確定。男子ツアーを統括するATPによると、四大大会に次ぐ格付けのマスターズでは37度目の制覇となり単独最多となった。