将棋の第3期清麗戦5番勝負第5局は17日、東京都渋谷区の将棋会館で指され、挑戦者で後手の加藤桃子女流三段(26)が134手で里見香奈清麗(29)を破り、対戦成績3勝2敗で女流タイトルの清麗を初獲得した。

 里見前清麗は4日に西山朋佳女流三冠(26)から女流王将を奪取し、2019年以来の五冠(清麗、女流名人、女流王位、女流王将、倉敷藤花)となったが、四冠に退いた。

 加藤新清麗は静岡県出身。棋士養成機関の奨励会に在籍していたが、19年に別制度の女流プロへ転向。これまで奨励会員でも出場可能な女王(棋戦名はマイナビ女子オープン)を4期、女流王座を4期獲得した。