経済産業省が17日発表した15日時点の灯油18リットル(一般的なタンク1個分)当たりの全国平均小売価格は、8日時点の前回調査と比べて1円高い1950円となり、2008年10月以来、約13年1カ月ぶりの高値を付けた。電気、ガス料金の値上げも続いており、暖房需要が盛り上がる冬場の家計に打撃となりそうだ。レギュラーガソリン1リットル当たりの価格は10銭安い168円90銭。11週ぶりの値下がりだが、高値水準が続いた。

 地域別では、18リットル当たりの灯油が28道府県で値上がりした。上昇幅が最大だったのは北海道の57円。値下がりは15都府県で、4県は横ばいだった。