兵庫県は17日、姫路市の養鶏場で高病原性の疑いがある鳥インフルエンザの陽性を確認したと発表し、採卵鶏約15万5千羽の殺処分を始めた。今季の養鶏場での確認は秋田、鹿児島に続いて3県目。

 県によると、16日午後4時、この養鶏場から姫路家畜保健衛生所に「通常は5羽程度だが1日で77羽の鶏が死んだ」と通報があった。簡易検査で陽性反応が出たため、確定に向けた遺伝子検査を進め「H5型」と判明した。殺処分は3日間ほどかかる見込み。

 県は半径10キロ内の25前後の農場や養鶏場で飼育されている計約78万羽の搬出を制限した。