関西電力は17日、プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を積み、9月にフランスを出港した輸送船1隻が、福井県高浜町の関電高浜原発に到着したと明らかにした。高浜3、4号機で使う予定で、使用時期は未定。国内にMOX燃料が到着したのは、高浜4号機用だった2017年9月以来で、東京電力福島第1原発事故後、3回目。

 高浜原発周辺には、反原発を訴える市民団体のメンバーら約20人が集まり抗議。輸送船到着後、原発のゲート前まで行進し「プルトニウムは核兵器に転用できる。危険なMOX燃料の搬入を今すぐやめるべきだ」などと訴えた。