高知県香南市発注の解体工事を巡り元市議を通じて業者に入札情報を伝えたとして、官製談合防止法違反罪などで起訴された後、高知地検が異例の勾留取り消しを請求し、釈放された市住宅管財課の男性課長=起訴休職中=が16日、高知市で記者会見を開いた。課長は「ストーリーが出来上がっており、警察は自供待ちだった」と捜査を批判。「自分は初めから否認していた」と語り、潔白を主張した。

 課長の代理人弁護士は「彼の言い分を全く聞かない捜査機関と、再逮捕、再勾留を許した裁判所の在り方が問われる」と訴えた。記者会見に同席した課長の妻は「人として尊厳を傷つけられた」と話した。