公明党の山口那津男代表は16日夕、10月31日投開票の衆院選で初当選した新人議員に満額支給された10月分の「文書通信交通滞在費」100万円を全額返還させて寄付すると表明した。同日午前の記者会見では「今後検討したい」と様子見の姿勢だったが、軌道修正した。与野党で見直しに向けた動きが相次いだため判断を急いだ。

 山口氏は、日割り支給に向けた法改正にも取り組む考えを示し「幅広い合意を得て実現したい」と国会内で記者団に語った。軌道修正について「あまり時間をかけるべきではないと判断した」と説明した。