ロッテの河合克美オーナー代行兼球団社長が16日、ZOZOマリンスタジアムで、井口資仁監督が5年目となる来季も続投すると発表した。「どういうチームになりたいかを監督に委ねている。実現に向けて全うしてもらわないといけない」と期待した。

 今季はオリックスと最後まで優勝争いを演じたが、67勝57敗19分けで2年連続の2位だった。河合オーナー代行は「本当に強いチームになるための半歩はさらに進めた。悔しさはある。これを乗り越えない限り優勝はできない」と語った。

 また2年目の佐々木朗希投手について「来季以降はローテーションに一番の柱として入ってもらう」と飛躍を願った。