福島市のJR福島駅西口広場で15日、80代の女性の腹に刃物で切り付けたとして、傷害の疑いで福島県警に現行犯逮捕された無職高橋清容疑者(69)は、事件の数日前に刑務所を出所したばかりだったことが16日、捜査関係者への取材で分かった。

 高橋容疑者は逮捕直後「記憶にない」と否認していたが、その後「人を切り付けたことは間違いない」と容疑を認めたことも判明。女性と面識がないとも説明しており、県警は無差別に襲ったとみて経緯を調べている。

 高橋容疑者は17年9月に福島市のコンビニで店員にナイフを突き付けて金を奪おうとした強盗未遂の罪で、数日前まで服役していたという。