巨人は16日、川崎市のジャイアンツ球場で秋季練習をスタートした。新任コーチも参加し、選手時代の2013年以来の巨人復帰となる小笠原2軍打撃コーチは、主将の坂本らと話し込み「少しでもスムーズに1軍のシーズンを進められるように、しっかりと土台とかをつくってサポートできたら」と意気込んだ。

 川相ファーム総監督はユニホームを着ず、背広組として選手の成長を助ける。若手育成が課題で「ファームはこれからの選手が多い。取り組み方も考え方も含めてアドバイスをどんどんしていきたい」と意欲を示した。

 駒田3軍監督は「遊び心を持たせて練習しないといけない」と話した。