16日午前10時ごろ、東京都北区赤羽台3丁目の解体工事現場で、作業中のクレーン車が倒れたと110番があった。アーム部分が崖下の現場に突っ込み、前に倒れた車は前部を下に直立状態になった。運転していた男性は自力で脱出し、けがはない。警視庁赤羽署が事故の原因を調べている。

 署によると、クレーン車は崖下にある解体工事現場から重機をつり上げる作業中だった。署は現場の地盤が緩く、クレーン車の重さを支えきれなくなったとみている。

 現場はJR赤羽駅から北西に約700メートルの住宅街。