岸田文雄首相は16日、中国の習近平国家主席の国賓来日に関し「新型コロナウイルス感染症を含め状況を見極める必要があり、今は具体的な日程調整をする段階にないと考えている」との考えを示した。10日の記者会見で指名されなかった報道機関の質問に書面で回答した。

 日中両政府は昨年4月の習氏来日を調整していたが、感染拡大を受けて延期。その後も具体的な時期が決まらない状況が続いている。