新型コロナウイルスワクチンの3回目接種に関し、堀内詔子ワクチン接種推進担当相は16日の会見で「2回目終了から8カ月以上の間隔をあけることが原則」と強調した。

 厚生労働省の分科会は感染状況を踏まえ、自治体の判断で6カ月に短縮することも容認しているが、堀内氏は「例外的な取り扱い」との考えを重ねて示した。