【ワシントン、北京共同】バイデン米大統領と中国の習近平国家主席は日本時間16日午前(米東部時間15日夜)、オンライン形式で会談した。バイデン氏は冒頭「両首脳には米中間の競争がいかなる衝突に発展するのも回避する責任がある」と強調。両国関係における「共通認識」形成の必要性で一致した。1月のバイデン政権発足後、米中首脳の顔合わせは初めて。

 対面式の会談に準じるオンライン形式で相互理解を促進する狙い。台湾や人権、通商の問題では互いの立場を譲らず、議論は平行線をたどったとみられる。共同声明は予定されていない。