【サンパウロ共同】カリブ海の社会主義国キューバの当局は15日、反体制派が同日計画していたデモを抑え込んだ。治安要員が参加者の外出を妨害した。スペイン通信などが報じた。政府は同日、新型コロナウイルス対策で制限していた海外からの観光客受け入れを本格的に再開した。

 デモを呼び掛けた脚本家の男性は14日に自宅を出ようとしたところ、当局者に阻まれ15日も外出を断念。ほかの参加者も外出を妨害されたり、インターネットへの接続を制限されたりした。スペイン通信の記者らも取材許可証を取り消されるなどした。