【ロサンゼルス共同】米大リーグは15日、今季の最優秀新人(新人王)を発表し、ナ・リーグはレッズの内野手インディア、ア・リーグはレイズの外野手アロザレーナが受賞した。

 秋山と同僚の24歳のインディアは150試合で打率2割6分9厘、21本塁打、69打点、12盗塁をマークし、投票権のある全米野球記者協会会員30人のうち29人の1位票を獲得。メジャー3年目で26歳のアロザレーナは141試合に出場して打率2割7分4厘、20本塁打、69打点、20盗塁で、22人の1位票を集めた。