日本維新の会副代表の吉村洋文大阪府知事は15日、大阪市長選に立候補するために2015年10月1日付で衆院議員を辞職した際、10月分として文書通信交通滞在費100万円を支給された可能性があるとして、党を通じて同額を寄付する意向を府庁で記者団に示した。

 吉村氏は「当時は市長選に挑戦することで頭がいっぱいで、文通費のことは記憶にないが満額をもらっていたはず」と述べた上で「在職1日でも満額が出るのはおかしいと訴えているので、寄付しないとけじめがつかない」と強調した。

 れいわ新選組の大石晃子衆院議員が自身のツイッターで「100万円受け取った」と指摘していた。