小笠原諸島の海底火山「福徳岡ノ場」の噴火で発生した可能性がある少量の軽石が伊豆諸島の伊豆大島など計5島の海岸や沖合で確認されたことが15日、都への取材で分かった。現時点で船舶の航行などへの影響はないが、都は大量の流入があった場合、港にオイルフェンスを設営して入り口をふさぐなどの対応を検討している。

 都によると、軽石が見つかったのは伊豆大島のほか、三宅島、御蔵島、式根島、神津島。

 12日には伊豆大島の海岸で1~10センチくらいの軽石が数個確認された。14日は、神津島沖に軽石が漂流していると漁協から報告があったほか、御蔵島と三宅島の岸壁などに漂着していた。