巨人の原辰徳監督(63)が来季も指揮を執ることが15日、正式に決まった。東京・大手町の読売新聞東京本社を訪れ、山口寿一オーナーにシーズン終了を報告した席上で、来季からの3年契約を提示されて受諾したと明らかにした。「われわれはプロ野球である以上、強いチームをつくり、そしてファンに愛されるチームをつくる」と気持ちを新たにした。

 3年契約最終年だった今季は主力選手の不振が響き、3位に終わってセ・リーグ3連覇を逃した。「プロの選手は自分自身で反省する。人から言われて反省するのはプロではない。自覚を持ってもらいたい」と奮起を促した。