新型コロナウイルスワクチンの3回目の追加接種について、厚生労働省のワクチン分科会は15日、12月1日から全国の自治体で実施することを了承した。当面は米ファイザー製を使い、1、2回目と異なる製品を3回目に打つ「交差接種」を認める。接種タイミングは2回目終了からおおむね8カ月以上を基本とするが、感染状況などを踏まえ自治体の判断で6カ月に短縮することも例外的にできるとしている。

 2回の接種を完了した18歳以上の人が対象で、12月にまず医療従事者に接種し、1月から高齢者を中心とした一般に拡大する。予防接種法上の「臨時接種」に位置付けられ費用は無料。