内閣府が15日発表した2021年7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動を除く実質で前期比0・8%減、このペースが1年間続くと仮定した年率換算は3・0%減だった。マイナス成長は1~3月期以来、2四半期ぶり。新型コロナによる緊急事態宣言で個人消費が振るわず、半導体不足に伴う自動車の減産で輸出も低調だった。

 項目別では、個人消費が前期比1・1%減で2四半期ぶりに減少した。半導体不足や東南アジアの新型コロナ感染拡大に伴う部品の供給難で自動車生産が滞り、販売が減ったほか、テレワークに使うパソコンなどの家電の消費が落ち着いたことが響いた。