【トマショフマゾウィエツキ(ポーランド)共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦最終日は14日、ポーランドのトマショフマゾウィエツキで行われ、女子1500mは平昌冬季五輪銀メダリストの高木美帆(日体大職)が1分56秒00で優勝した。この種目で通算10勝目、個人種目合計で12勝目。

 男子500mは日本記録保持者の新浜立也(高崎健康福祉大職)が34秒69で優勝し通算7勝とした。森重航(専大)が34秒74で3位に入った。

 男子団体追い抜きで大林昌仁(福井県スポーツ協会)ウイリアムソン師円(日本電産サンキョー)一戸誠太郎(ANA)の日本は3位だった。