2024年パリ五輪で初採用されるブレイクダンスの国内トップ選手も参加するダンスの「Dリーグ」が14日、東京都江東区の東京ガーデンシアターで開幕した。

 2シーズン目の今季からダンサーの個性がより際立つように、野球の背番号のように一人ずつ「ナンバー」を持ち、1チーム8人のパフォーマンスで表現力や完成度を競った。

 新規加入の2チームを含めた全11チームがレギュラーシーズンを争い、来年6月のチャンピオンシップで王者を決める。1年目は新型コロナウイルスの影響で大半が無観客開催となったが、開幕日の入場券は完売した。